煮干そば食堂小十郎のこと

NIBOSOBA SHOKUDO KOJURO

煮干そば食堂小十郎

  • 煮干そば食堂小十郎 外観
  • 煮干そば食堂小十郎 店内
  • 煮干そば食堂小十郎 煮干そば
  • 煮干そば食堂小十郎 料理
  • 煮干そば食堂小十郎 料理

煮干そばのためにつくられた専門店
飲食サービス

煮干そばのためにつくられた専門店飲食サービス

煮干を練り込んだ新ジャンルフード「煮干そば®」を広める一つの道として、お客様がおいしく食べて楽しめる場所を作りました。それが「煮干そば食堂小十郎」です。
作り手の想いのつまった商品を、最高のパフォーマンスでお届けする場所を着実に広げることができれば、それもまたお客様との末永いお付き合いの始まりと考えています。

飲食店として
地域の人に愛され続ける店づくり

オリジナル性の高い商材を使う基本的な業態を作りながらも、地域性の高いメニューづくりで、近隣のお客様に喜ばれるメニューやサービス内容を提供してまいります。飲食店はその場所に出店すること自体にも大きな意義があります。
お客様あっての「煮干そば食堂小十郎」。すなわち、地域の人に大切にされるということだと考えています。

飲食店として地域の人に愛され続ける店づくり

食の担い手として
地域の生産者と共に生きる

食の担い手として地域の生産者と共に生きる

白石・蔵王の食材を生かすフードメニューをコンセプトにした飲食店事業を成立させることも、わたしたちの使命です。地域とは沢山の人々の暮らしの場でもあり、働きの場でもあります。わたしたちの飲食事業を通して地域の食材を知ってもらい、生産者様のファンづくりにつなげていけたら、少しずつでも地域が豊かになると信じているからです。

ローカルを大切にし、ローカルに生きる
ロールモデルづくり

煮干そば食堂小十郎の想いに対して共感していただける皆様の中でも、食堂を事業として共に取り組んでいただける人材を育成することで、ビジネスモデルを成立させ、雇用を創出していくことも目的のひとつです。わたしたちの目指す事業はあくまでも理念共有型の事業です。店舗の拡大を急ぐものではありません。「地域と共にありたい」それが小十郎プロジェクトの使命です。

ローカルを大切にし、ローカルに生きるロールモデルづくり